たった一人の社員によって現場が崩壊する事実

まだ私が初々しい新入社員の時の話です。一応地元では名の知れた大企業に就職したのですが、新入社員は必ず一度店舗を経験してから本部に配属されるということだったので私も大規模店に勤務することになりました。同じ店舗に配属された新人は五人。皆希望に胸を膨らませていた…はずでした。

その先輩が現れるまでは。私たちとは少し遅れて配属された先輩は40代前半。神経質そうな細身の男性で休憩室で煙草を吸いながら貧乏揺すりをしている姿からあまり良いイメージはありませんでした。しかもその先輩は店舗に配属されることが初めてとのこと。何故かすでにいる社員からは敬遠されているようだったのでさりげなく理由を訊いてみると、その先輩は幹部候補で経歴作りのために期間限定で店舗に配属された様子でした。そのため現場を全く知らない立場なのに数字ばかりを非常に気にかけ理想論ばかりを口にするのです。

なるほど現場の叩き上げの社員からは嫌われるはずです。自分は未だに本部にいると錯覚しているのかいつも上から目線で現場の駄目出しばかりするので次第に職場の士気も目に見えて下がっていきました。土日でもサービスカウンターの裏でパソコンに齧りついていて、「○○店に売上負けてるぞ、もっと販促しろ」だの自分は口だけで他の社員に指図してやらせようとするのです。土日のようなお客様の多い日はとにかく売り場に出て接客することが第一なのに彼はパソコンの画面上の数字のみを追っていました。

そうして次第に現場の人間関係が崩れていくことに。まずはパートさんたちが大量に辞めました。ベテランのパート女性が「○○さんとはやっていけない」と先輩を非難し退職すると続々と他の方も後を追って行く始末。同じように新入社員も一人二人と辞めていくと先輩は自身の評価が下がることを懸念してか新入社員を囲い込みに入りました。仕事で疲れているのに無理矢理飲み会に誘われたり、「君は私のことわかってくれるよね」と個別に話されることで次第に私も疲弊していきました。その頃にはとっくに退職したかったのですが直属の上司が非常に尊敬できる方で、「いつまでもあいつと一緒ではないから今は耐えるんだ」との言葉をもらい何とかやり過ごしている日々。職員間の人間関係もいつ崩壊してもおかしくない雰囲気でした。

しかしついに私にも決定的な出来事が起こります。休みの日に先輩から呼び出され、同じく休みだった同期の男性社員と恋人のふりをして競合店を偵察に行け、と指示されたのです。ご丁寧に襟元にマイクを仕込まれ、これで価格を録音するようにと。断れずに二人で行きましたが、何故こんなことをしなければならないのかと涙が出てきました。同期の男性社員もいたたまれなくなったのか途中で帰ることになりましたが、私は次の日辞めることを店長に伝えました。引きとめようとした先輩から夜に食事に誘われましたが私は何を言われても泣きながら拒否。

結局私の後にも新入社員、独身社員が辞めていき、残ったのは既婚者で離職しにくい方ばかりでした。
私が辞めてから先輩が本部に引き取られたという話を聞きました。彼も心底悪人というわけではなく彼なりに店舗の売上を良くしようと努力していたのかもれません。しかしどんなコネがあったのか彼に対して店舗からの苦情を伝えても本部が動くことはなかったので誰も止められなかったのは確かです。唯一私の心残りは尊敬する上司から「守ってあげられなくてごめん」と謝られたことでしょうか。無事に転職した今でも時々思い出しては悲しい気分になってしまいます。

自分が世の中で一番できる男と勘違いしている先輩

私の先輩で最悪な人がいました。
その人は、自分のものは自分のもの、他人のものも自分のものとまるでジャイアンのような性格です。
平気で人のものを使うし、ひどい時は後輩の買っておいた飲み物も平気で飲んでしまいます。

そしてあれはおいしくないから飲まない方がいいとか感想を言い出します。
また、自分にとってプラスになると考えた人への取り入り方は尋常ではありません。
人の話しに割って入るのは当たり前です。

それもあからさまに割って入ることに周囲がどう思おうと全く気が付かない様子です。
羞恥心という言葉がその人にはないようです。
それは仕事にもいえることです。

自分がどれだけ人から良く見えるかということが基準のようです。
地味で努力をしなければならないような仕事は他人に押しつけます。
ようやくその仕事の成果が日の目を見ようとしたときに横取りしていきます。
その人の言い分としては、自分はその仕事のフォローをずっとしていて、他の人を成長させるために敢えて手を出さずにいたというのです。

へりくつばかりは一人前以上です。
周囲からその人は、仕事のできない人という代名詞です。
しかし、上司にだけは受けがいいのです。
なんとも姑息な手を使い、取り入っているのだろうともっぱらの評判でした。
そしてその人は、自分ができる人間で頭が良いと勘違いしていることもイタイところです。

話しているときもやたら難しい言葉を使いたがります。
そして「要は~、要は~」を連発して話します。
話している内容は、まったくもって薄っぺらい内容なので、話しをしているうちに自分でも訳がわからなくなり、声がだんだん大きくなります。
そして相手が内容を理解できないと、逆ギレします。
対面で話しているときは暴言を吐くくらいで治まるのですが、電話だと脅迫まがいな発言の連発です。

相手は社内の人とは限らず、社外の場合もあり、クレーマーというのはこういう人のことを言うのだなと思いました。
私たちは、そんなに大きなことを言って大丈夫かと内心思っています。
その人のデスクの周りの人は、こんな光景は日常茶飯事なので「また始まった」と言ってしばらくの間デスクから離れていきます。

そしてしばらく時間が経ち、落ち着きを取り戻してくると基本が小心者なので、社内の人に自分のフォローを始めます。
さっきのは脅迫じゃなく、社会の厳しさを教えているとかなんとか言います。
そんな見せかけの頭が良くて、仕事ができるふりをし、自分を必要以上に大物に見せたくてうずうずしているような人間は本当に使えません。

忙しい仕事からすぐに逃げる先輩

数年前、病院で医療事務の仕事をしていました。その時に同じ部署にいた先輩の行動が、どうしても納得できませんでした。

総合病院に医療事務のパートとして勤め始めました。3日程色々な部署で研修をした後、最終的に人員不足だった内科のクラークとして配属されました。内科は、他の部署より患者数が多く、1日中とにかく忙しい部署です。フルパートだった私は、朝から晩までずっと立ちっぱなしの仕事に慣れるのに、1週間以上かかりました。

しかし、そんな忙しい中でも、業務を丁寧に教えてくれる内科のリーダーがいたので、スムーズに仕事を覚えることができました。5歳年下の独身女性だったのですが、すでに5年のキャリアがある大先輩でした。内科のかなりハードな仕事をテキパキとこなし、とにかく頼もしく思えました。なぜか内科の部署内では一番年下なのに、とても貫禄がありました。やはり、仕事がそれだけできるということで、皆から尊敬されている感じでした。そんなイメージがあったため、こんなできる人の傍で働けて、こちらとしてもスキルアップできそうだと思っていました。しかしそのイメージは、すぐに崩れ去ることとなったのです。

実は、彼女は忙しくなると、すぐどこかに雲隠れするクセがありました。診察が行われる午前中の内科は、大勢の患者さんの対応で戦場のようになります。しかし、そんな忙しい状態なのにも関わらず、ふと気づくとリーダーがいないのです。いないことに気づくのですが、それどころじゃない程忙しいので、どこにいったわからないままのことが多かったです。また、午後になっても、気づくと内科の部屋からいなくなっていることが多いです。午後は診察が落ち着いてくるので、比較的ゆったりした雰囲気になります。とは言っても、カルテ準備などでやることは山積みです。それなのに、気づくとリーダーがいないのです。面倒な作業から逃げるようにどこかに行ってしまうのです。

さすがに、それには文句を言いたくなりました。自分だけ、忙しい仕事から逃げるなんてズルイと思ったのです。完全に仕事を他の人に押し付けている形になっていました。しかし、まだ新人という立場だったことから、そのことについて文句を言えませんでした。しかも、他の部署の人はこのことを知らないので、リーダーのことを出来る人だと思っています。そのため、他の部署の人や上司からの信頼は厚いのが、余計に言い出しにくくしていました。

ですが、内心、これには本当に納得できませんでした。確かに仕事は出来ますが、忙しくなったり面倒になったりすると、すぐどこかに逃げてしまうのは、本当に仕事が出来る人とは思えません。それに文句を言えない、内科のメンバー内の関係もおかしいと感じました。そう思いつつも結局、1年後部署異動になったので、そのことについて触れないままとなりました。また、さらに数年後には退職したので、その後どうなったのかは知りません。もしかすると、今でも不満を持ちながら、そのリーダーの下で働いている方がいるのかもしれません。